おもちこもち日記

0歳時育児中。赤ちゃんとの日々や育児について学んだことなどをまとめていきます。

ブログ開設にあたって

子どもを持とうとは思ってなかった。若い頃は自分の遺伝子を残したいからと前向きだった。若い時分というのはそういうもので、無敵なのである…自分大好きというか、疑いもしなかった。唯一ひっかかるのは有性生殖であることだったがそれ故にいつしか諦め三十路を迎えていた。子を持つに至った経緯はさして重要でないので省略するが、言えないような話ではない。互いの両親に挨拶をして籍を入れ「結婚」をし、その1年後に授かった、順風満帆である。

 

病気を疑うほどの体調不良から(実は内視鏡検査まで受けて…)妊娠がわかり、信じられない思いを抱えたまま10ヶ月を過ごし、骨盤位つまり逆子だったため予定帝王切開にて予定日より10日ほど早く産まれた我が子は3キロを越える元気な子で、出生直後はちょっと大変なこともあったけど(いずれ記述したい)、およそ6ヶ月半たった今は8キロを越えたむちむちボディを誇り、今も私の横で元気におしゃべりしている。かわいい。

 

出産と育児は言うまでもなくはじめての経験で戸惑うことばかりながらも故に学ぶことも多く新たな知識をいくつも手に入れたと思う。これからもそれは増えていくだろう。思うことも多くある。なので、それを記録として残していきいずれ読み返すのも良し、というよりは後進の役に経てば僥倖、という思いでブログを開設するに至ったのである。

 

*っていうかなんでこういう口調になってしまうのか…もっとわかりやすく読みやすい文体にしないといけない。

誰をターゲットにしているんだこれは。後進のためというならば同年代〜いくつか若い女性のためであろうから、そういう方々に親しみを持ってくださるようなものにしないといけないよね。読みやすい文章を書くことの練習にもしていきたい。